何か対策をするならする!しないならスッパリ受け入れて!

何か対策をするならする!しないならスッパリ受け入れて!

 髪の悩みを持つこともなく、生涯を終えるかたも確かに居ますけど、ある程度年齢が上がれば、髪が薄くなるのは仕方がない事だと思うんですよね。女の身でも、35歳を過ぎたあたりから抜け毛が増えて、髪が薄くなったと思っているくらいですから、40過ぎの男性が無事で居る事の方が不思議です。

 確かにそれまであった筈の髪が減って行くのは辛いというのも分かるんですけど、そんなに気になるのなら、何か対策をすれば良いと思うんですよね。排水溝に残る髪や鏡に映る自分の姿を見て落ち込んでみたり、整髪料で不自然に薄毛を隠そうとしている姿はあまり見たいものではありません。

 使い慣れているからと言って、合成界面活性剤入りの整髪料を使い、帰宅が遅かった週末なんかは頭も洗わずに寝てしまう事もあるんですから、抜け毛の量も増えて当たり前ですよね。ちゃんと髪を洗って乾かしてから休むか、整髪料を別の物に変えれば良いのに。

 植毛をしたいから150万用意しろとか言われても困りますけど、本人が希望するのなら、育毛剤や養毛シャンプー代として、月額2万円くらいなら出せるんですけど。どうしても薄毛が気になるのなら、頭皮ケアをしっかりとして、これ以上減らさないようにするか、育毛剤を使って髪を増やす努力はして欲しいですね。特別な対策を何もしないまま、ただウジウジしてるのは見苦しいです。

 薄毛だろうが、ハゲていようが、本人が堂々としていれば一緒に居ても気になりませんし、こざっぱりとした格好をして堂々としていれば、実年齢と見た目年齢の差はそれ程大きく変わらないと思っているんですけど。1:9のバーコードヘアの人と出歩きたくありませんので、これ以上薄毛が進行したら、不自然なスタイリングで隠そうとするのではなく、潔く短髪にして欲しいですね。

↑ PAGE TOP